横隔膜ヘルニア    【犬の病気】     】

症状    犬の病気

横隔膜ヘルニアは、先天的あるいは、後天的な原因で横隔膜の欠損、破裂が起きて呼吸困難になる病気です。
症状の程度はさまざまですが、腹部臓器(肝臓、胃、腸、脾臓など)が穴の開いている横隔膜から胸腔に進入し、圧迫された肺は膨らむことができなくなります。
このため臓器の進入が大きく、または多いほど呼吸障害の程度が重くなります。
ヘルニアの程度が軽い場合は呼吸障害が少ないケースもあり、吐き気や食欲不振、元気が失せるなどの症状になって出る場合もあります。
重症の場合は、呼吸困難になり、前足をつっぱってあえぐ、立っていられないといった状態がもられます。

原因     犬の病気

原因として多いのは、交通事故などのけがです。事故直後には症状がなく、後になってから出ることもあります。
先天性の場合は、横隔膜に単純な欠損がある場合と欠損孔(穴)ができていて、そこから臓器が胸腔に進入してしまっている場合の2種類
に分けられます。
通常は胸部X線検査で横隔膜ヘルニアを発見します。

治療方法     犬の病気

苦しい時には酸素吸入を十分に行うことが大切です。
また、軽症・重症にかかわらず、横隔膜の手術をして、欠損や破裂部分を修復しますが、程度がひどい場合は緊急を要します。
posted by ブラックウッド at 23:32 | 呼吸器・アレルギー性

巨大食道炎症  【犬の病気】

症状      犬の病気

特徴的な症状は、食後数分から数時間で食べ物を吐き出してしまうことです。吐き方は勢いよく吐いてしまう、いわゆる「吐出」です。
ときに、吐いた食べ物の一部が肺に入ってしまい、ごえんせい肺炎を発症することがあります。そのため呼吸困難や発熱を伴う危険な状態になったり、死に至ることもあります。
吐くことを繰り返すために食道に炎症が起こり、食道炎を併発する場合もあります。食べても吐き出してしまうので当然体重減少がみられます。

原因

巨大食道症は、何らかの原因で食道が大きく広がった状態です。
通常は、食べ物を飲み込んだとき、反射的に食道括約筋が弛緩し、食道に入った食べ物を胃の中へ通過させます。
それ以外のときは、胃の中の食べ物や胃液を逆流させないようにとじていますが、その食道括約筋の弛緩が起こらないので食べ物が通りにくくなっています。
先天症と後天症があり、先天症の場合は、そのほとんどが原因不明いわれ、犬種や遺伝によっても生じるちいわれています。
一方、後天症の場合は、原因不明のものと、何らかの別の病気があってそれに伴って起こる場合(続発性の食道拡張症)があります。
たとえば神経と筋肉の病気、食道の閉塞性疾患、その他の病気などに併発するケースです。

治療方法

原因となる病気がある場合は、まずその病気を治療することから始めます。
その場合、食道を観察するために胸部や食道の状態のX線造影検査をし、拡大している場合を確認します。
原因が不明である場合は、完全に治すことはなかなか難しい病気です。
対症療法として、吐いてしまうことを防ぐために犬を立位(チンチンした状態)にして高いところに置いた流動食をたべさせます。
食後もしばらく(15〜30分)は立位のままで保ちます。
小型犬の場合なら食後しばらくは立てて抱いているとよいでしょう。























posted by ブラックウッド at 00:10 | 消化器

自然治癒力

★犬┃や┃猫┃の┃病┃気┃を┃助┃け┃た┃い┃!┃★
★━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛★
お薬に頼らず、自然な形でペットの自然治癒力をUPする方法について!
脳幹活性ペンダント「イフ」が眠っていた動物の生命力を
呼び起こします。体験報告多数・実績済のアイテムの詳細はこちら…
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTC4P+9TNI42+MLW+601S3


posted by ブラックウッド at 11:12 | 犬の関連商品

ペットショップ

ワンちゃん専門ショッピングサイト



  


posted by ブラックウッド at 11:06 | 犬の関連商品

接触性皮膚炎    【犬の病気】

症状と原因     犬の病気

の口のまわり、腹部、内股、陰部、肛門周辺、場合によっては首輪が接触している部分などに皮膚炎が起こり,皮膚が赤くなってかゆみや水疱があらわれたり、脱毛します。が日常使っている器や用具、また薬品に含まれる物質がアレルゲンとなります。具体的にはプラスチック製の食器や、羊毛のじゅうたん、生皮のガム、消臭剤、シャンプー剤などです。

治療方法      犬の病気

アレルゲンと考えられるものの使用を2週間ほど中断し、のようすを観察します。症状が改善すれば、アレルゲンが特定できますから原因となっている器やおもちゃ、薬剤などに使用を中止します。
posted by ブラックウッド at 00:47 | 皮膚病

アトピー性皮膚炎   【犬の病気】

症状と原因     犬の病気

が生後6ヶ月〜1,2歳で発症するケースが多い病気で、お腹や、顔、足、脇の下などに皮膚の炎症が起こって赤くなり、とてもかゆいので患部をひっかきます。そのため、皮膚がただれたり傷ができたりします。繰り返しひっかくうちに、皮膚が部分的にごわごわと分厚くなることもあります。多くの犬で外耳炎を併発しており、また、慢性化しやすく、治っても再発するケースの多い病気です。
遺伝的な要因が大きく皮膚病ですが、皮膚から原因となるアレルギー起因物質(アレルゲン)が進入してさまざまな炎症が引き起こされます。アレルゲンとなるものにはハウスダスト、ノミ、花粉、食べ物など、多くのものがあります。

治療方法      犬の病気

副腎皮質ホルモン、抗ヒスタミン剤、免疫抑制剤やインターフェロンなどの薬物療法によってかゆみ炎症を抑えると同時に、食事療法も行います。家庭ではシャンプーを行いアレルゲンの除去に努めますが、保湿剤で皮膚の乾燥を防ぐことも忘れてはなりません。屋内で飼っていると室内のほこりに含まれる目に見えないものなどもアレルゲンとなりますから、アレルゲンをなくすようこまめに掃除します。
posted by ブラックウッド at 00:12 | 皮膚病

白癬症    【犬の病気】

症状と原因     犬の病気

特に体力が低下し、抵抗力(免疫)が弱まっている犬に発発症する病気で、目のまわりや、耳、皮膚のやわらかい部分に円形の脱毛がおこります。かゆみはほとんどありませんが、脱毛後の皮膚にはフケ状の細かなかさぶたができ、そのまわりに赤みがかったはれがみられることがあります。その脱毛の様相は、「リングワーム」と呼ばれていて、円形に広がっています。接触によって人間にも感染します。子供や女性の皮膚に感染し、腕や首のまわりなど、直接接触する場所に皮膚病変がみられることがありますから注意が必要です。
皮膚や毛根に白癬症というカビの仲間が感染も多いので皮膚病の猫との接触には注意が必要です。

治療方法      犬の病気

全身の被毛を刈りとり、抗真菌薬を投与します。完全にとり除くには何度か繰り返し被毛を刈ることが大切です。治療には一ヶ月以上かかりますが、完全に治すまで治療が必要です。
posted by ブラックウッド at 16:15 | 皮膚病

鼻腔の腫瘍    【犬の病気】

症状と原因     犬の病気

鼻の粘膜や骨に腫瘍ができるため、くしゃみが頻繁にでるとともに、うみのような鼻汁や鼻血がでることがあります。
今のところ腫瘍ができる原因ははっきりしてません。

治療方法      犬の病気

早期発見・早期治療が欠かせません。鼻汁の検査で腫瘍がみつかるときもあります。治療は、外科手術によって腫瘍を切除し、悪性腫瘍の場合は抗がん剤による化学治療や放射線治療を検討します。
posted by ブラックウッド at 15:42 |

鼻炎(副鼻腔炎・蓄膿症)【犬の病気】

症状と原因     犬の病気

鼻炎では、鼻腔内の粘膜が炎症を起こし、水っぽい鼻水やくしゃみがみられます。症状が進むと、粘りの強い鼻水が出るようになったり、血が混じり、鼻がただれるために痛がって鼻をしきりに床にこすりつけることがあります。また、うみのような鼻汁がでることもあり、放置すると炎症は副鼻腔にまで広がって副鼻腔炎を起こすようになります。副鼻腔炎が狭くなって呼吸困難の陥り、ズーズーいうような呼吸音があらわれます。外から見てもわかるほど鼻の上が膨らんだり、結膜炎を併発して目やにがでることもあります。悪化すると蓄膿症になり、常に鼻汁が出て鼻孔にうみがたまり、粘膜がただれてることで嗅覚も鈍ります。空気をとり入れる器官である鼻では、空気中の汚れを吸着するため、乾燥した空気や草の実や異物に」よる刺激から炎症がおこります。そのほか、ジステンパーなどのウイルス性感染症や細菌性、および真菌性感染症が原因となることもあります。鼻孔内部にできた腫瘍や鼻の周囲にできた外傷、さらには上顎犬歯の歯根膿瘍から引き起こされるケースもあります。

治療方法     犬の病気

鼻炎の原因となっている全身症状がある場合は、それを特定できれば原因の治療を行い、同時に鼻の炎症に対する対症療法を行って治療します。外傷による場合や、腫瘍のこともあるので、症状の進みぐあいよっては、外科手術が必要になることもあります。
また、症状が進行した場合、内科療法とともに薬物吸入による治療も行いますが、効果が見られない場合にはチューブを挿入して鼻腔内を洗浄し、うみを除去します。
posted by ブラックウッド at 23:15 |

耳の腫瘍    【犬のビョウ】

症状と原因     犬の病気

耳の中にいぼ状の腫瘍がたくさんできます。いぼが小さいうちは症状があらわれないこともありますが、大きくなるにつれて耳をかゆがったり、分泌物が出続けるなどの症状があらわれます。炎症が起こり始めると化膿して出血したり、うみが出たりします。症状がひどくなると外耳道をふさぐこともあります。
7〜10歳の犬にあらわれることの多い腫瘍です。耳の中にある汗腺のひとつ、特殊なアポクリン腺が腫瘍化して起こります。良性の場合と悪性の場合があります。

治療方法      犬の病気

組織を採取して検査し、外科的に切除します。多くの場合、炎症を伴っているため、炎症か腫瘍か、あるいは悪性か良性かの判断が難しい場合があります。悪性の場合切除後に再発に注意します。良性の場合はようすを見ながら外耳炎の治療をしていきます。
posted by ブラックウッド at 13:33 |


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。